有限会社 カギ錠
      HOME
ごあいさつ 会社案内 サイトマップ 福山本社へお問い合せ 岡山営業所へお問い合わせ
マンションタイプ
アイズシステムのご案内
マグナロックのご案内
おすすめアイテム
防犯カメラシステム
取り扱いメーカー
CPマークって何?
防犯コラム
防犯性能表示について
有限会社 カギ錠
【 カギ錠・福山本社 】
広島県福山市野上町3丁目1-5
TEL:(084)923−7239
営業時間:AM:9:00〜PM6:00
MAIL : kagijou@giga.ocn.ne.jp

【 カギ錠・岡山営業所 】
岡山県岡山市北区野田5丁目8−11
かつらぎ野田ビル1階
TEL:(086)242−1269
営業時間:AM:9:00〜PM6:00
MAIL : info@kagijou.co.jp

CPマークって何?

 

平成16年4月1日に警察庁より
防犯性能の高い建物部品の目録が公開されました
この防犯性の高い建物部品を防犯建物部品とよび、
共通のCPマークを表示することができます。
この防犯建物部品は、
官民合同会議の 防犯性能試験に合格した製品です。



防犯建物部品って何?
防犯建物部品とは、警察庁をはじめとする省庁と、日本ロック工業会等の民間団体によって
「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議(官民合同会議)」が
平成14年11月、建物への侵入犯罪の防止を図るために設置されました。
この官民合同会議において、平成15年10月に、防犯性能の高い建物部品の試験基準が決定され、
同年11月より第1回目の試験を実施、この試験基準に合格した製品が「防犯建物部品」として
平成16年4月1日に公示されました。

官民合同会議や試験の詳細については「住まいる防犯110番(警察庁)」をご参照ください。


1.官民合同会議
建物への侵入犯罪の防止を図るため、平成14年11月に「防犯性能の高い建物部品の
開発・普及に関する官民合同会議」が設置されました。
その設置趣旨は以下のとおりです。
「最近における建物への侵入による犯罪の実体にかんがみ、
関係する省庁および民間団体が建物部品の開発および普及の方策について検討を行うため、
防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する合同会議を設置する」
防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議設置趣旨より。


2.構成員
官民合同会議に参加している関係団体
警察庁

日本ロック工業会

国土交通省
財団法人全国防犯協会連合会
経済産業省
財団法人ベターリビング

板硝子協会

社団法人建築業協会
日本ウィンドウ・フイルム工業会
社団法人住宅生産団体連合会

社団法人日本シャッター・ドア協会

社団法人日本建築士会連合会
社団法人日本サッシ協会
社団法人日本建築家協会
社団法人全国警備行協会
社団法人日本建築士事務所協会連合会
社団法人日本防犯設備協会
社団法人日本損害保険協会

3.試験をする建物部品の種類
(1)ドア
ドア(A種)(スイングドアのうち、ドア(B種)以外のものをいう。なお、試験細則はサッシと共通とする)
ドア(B種)(主としての中高層建物(ビル・マンション)の出入り口に使用される
        スチール製又はステンレス製のスイングドアをいう)
錠     (交換用シリンダーおよびサムターンを含む。)

(2)窓
サッシ(スライディングドアを含む)
ガラス
フィルム
窓用雨戸及び窓用面格子(試験細則はサッシと共通とする)
窓用シャッター
(3)シャッター
重量シャッター(シャッターのうち、窓シャッター以外のものであって
           スラットの板厚が1.2mm以上あるもの及びこれと同等以上の
           防犯性能を有するものをいう。)
軽量シャッター シャッターのうち、窓シャッター及び重量シャッター以外のものをいう。
シャッター用スイッチボックス

■錠、シリンダー及びサムターンに関する試験の概要

防犯性能の試験は3段階に分けて試験されます。
最終の試験に合格した製品が官民合同会議試験合格品となります。


●第1系列の試験


応募したすべての製品について、特殊な技能を持った複数の試験員が
下記の5項目について試験を行います。
基準以上の成績の製品が合格となります。
1.耐ピッキング試験
2.耐インプレッション試験
3.バイパス開錠試験
4.耐読み取り性能試験
5.サムターン開錠試験


●第2系列の試験

第1次系列の合格品について複数の一般試験員が下記項目の試験を行います。
基準以上の成績の製品が合格となります。
1.ドリリング試験
2.シリンダーのもぎ取り
3.シリンダープラグの引き抜き
4.シリンダープラグの捻り
5.デッドボルトの切断
6. 携帯用ガスバーナー試験

●第3系列の試験

第2系列の合格品について一般試験員が行う試験です。
予め決められた標準ドアと標準枠に製品を取り付け、一般試験員がバールを用いた
ドア錠こじ破り及び受け座壊しを行います。
いずれの場合もドアが開くまでの実働時間が5分以上かかる場合は合格となります。
または、開き扉の彫込錠、面付錠及び引戸錠において日本ロック工業規格JLMA A 2001-2の
「外力に対する性能」のグレード3以上の強度性能を持つ錠については
第3系列の試験については合格とみなされます。

なお、試験の詳細に付きましては警視庁のホームページをご参照ください。